FACTORY

品質へのこだわり

糸かがり製本

手帳に最適な
「糸かがり製本」

手で押さえなくても180°開くことのできる糸かがり製本は、ページを開いた状態で置いておくことも可能で文字を書く際にもストレスがなく、また丈夫で繰り返しの開閉にも強いため手帳に最適な綴じ方です。他の綴じ方に比べ手間と技術を必要としますが、弊社では手帳の使いやすさと耐久性を考え、すべての製品をこの「糸かがり製本」で仕上げています。

工場全景

安心・便利な
「完全自社生産」

「手帳のことなら、伊藤手帳に任せれば大丈夫。」そんな、ご担当者様の頼れる存在であり続けるために。伊藤手帳では、手帳に関するどんなご相談にもお答えすることができるよう、すべての工程に責任と信頼を預かることが可能な「ワンストップサービス」にこだわっています。

高精度の設備
丁寧な手仕事

「高精度の設備」と、
職人の「丁寧な手仕事」

繊細で正確な仕事が要求される手帳製造。機械化が進む中でも、どうしても人の手でなければ品質が保てない工程も多くあります。
伊藤手帳の商品は、速く・正確なものづくりを担う最新の設備と、それを支える熟練の職人の手によって、一つひとつ心を込めて製造されています。

高品質

高品質を支える
安心のチェック体制

手帳製造の各工程において、人の目だけでなく 10 を超える様々な検知センサーが稼働し、不良品の混入を防いでいます。

表裏チェックセンサー

業界唯一 表裏チェックセンサー

折りの工程で表裏が間違っていないかをカメラで読み取り確認します。

乱丁・落丁検知センサー

業界唯一 乱丁・落丁検知センサー

余白部分に印刷されたバーコードを瞬時に読み取り、乱丁・落丁がないことを確認します。

検知センサーで高品質を実現
掛け違いセンサー

【糸かがり】掛け違いセンサー

用紙通過 センサー

【背巻き】 ナンバリング印字

逆貼り防止センサー

【見返し】 逆貼り防止センサー

厚み検知

【インデックス】印数センサー

重量検知

【下固め】重量検知

工場見取り図

工場見取り図

工程1:大裁

まずは納入した印刷物を製本し易いようにカットします。この工程の正確さが、その後の品質を左右すると言っても過言ではありません。伊藤手帳では、とくに経験豊富な職人がこの工程に携わっています。

工程2:折り

大裁ちした印刷物をページ順になるよう折りたたみます。手帳用紙はとても薄いため湿度などの影響を受けやすく、伸び縮みが生じてしまうこともあります。常に紙の状態を見定め、微調整しながら正確に折るのが腕の見せ所です。

工程3:丁合

16ページ一組の「折丁」を1冊分にまとめていきます。落丁があった場合は検知器が作動。加えて常に目視検品を行い、不良品が混入しないよう細心の注意を払っています。

工程4:糸かがり

180度水平に開くしなやかさと、1年間ハードに使える耐久性を支えているのが「糸かがり製本」です。1冊ごとに糸で縫い固めていくこの工程こそ手帳製造の心臓部。伊藤手帳では業界最先端の糸かがり機4台がフル稼働しています。

工程5:見返し・背固め・背巻き・ナンバリング

前後に見返しを貼り、接着剤で背固め・背巻きを行うことで丈夫な手帳に仕上げます。工程を通過した手帳にはロット管理のためにナンバーや商品名が印字されます。紙表紙(中表紙)の貼り付けもこの工程に含まれます。

工程6:三方断裁

余分な上下と小口側を裁ち落とすことで1冊の手帳ができあがります。何冊も同時にカットしますが、すべて同じ位置、同じサイズで切れていなければいけません。細心の注意と十分な経験が求められる工程です。

工程7:リボンつけ等

三方断裁を終えた手帳には、栞リボンなどの装飾加工を施します。 伊藤手帳ではリボンつけのほか、小口インクジェット加工やインデックス加工も行っています。

ご予算に合わせて
最適な仕様のご提案もいたします。
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
【受付時間】平日9:00〜17:30

伊藤手帳
Copyright © 2022 itotecho All rights reserved.